血を自在に操る魔法《バルテーリエ》の使い手。 人物像 冷静沈着な理論家肌の魔族で、魔法に対して「努力と研鑽によるに発展こそ意味がある」という独自の美学を持ち、それを無視して短期間で魔法を極めてしまう天才という存在を毛嫌いしている。 その一方で自分">

北斗の拳 4号機は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次[非表示]

概要

CV:諏訪部順一

七崩賢断頭台のアウラ配下「首切り役人」のリーダー格。
自身の血液を自在に操る魔法《バルテーリエ》の使い手。


人物像

冷静沈着な理論家肌の魔族で、魔法に対して「努力と研鑽によるに発展こそ意味がある」という独自の美学を持ち、それを無視して短期間で魔法を極めてしまう天才という存在を毛嫌いしている。
その一方で自分たち魔族が「言葉の通じない猛獣」であることを自認・肯定しており、グラナド伯爵と戦闘になった際は、暴力に訴えるしかない状況を楽しんでしまっていることを自嘲している。


活躍

これまで自分たちが攻めていたグラナト領との戦いを収めるという名目でアウラ側の遣いとしてリーニエドラートを伴って領の主都に入り込み、そこの領主と接触を図っていた。しかし、それは所詮建前に過ぎず、実際は主都を守っている結界を解除し、アウラ率いる本隊を招き寄せることが本当の目的だった。

が、ドラートが直前に捕らえられた 旅のエルフの女性を危険視し、勝手に殺そうと牢を襲撃、看守も殺した事で表向きの信用は結局霧散してしまう。
兵士に包囲され懐柔を諦めた彼は、仕方なく返り討ちにし、力尽くで結界を解かせようと領主を拷問するが、その時やってきたフェルン シュタルクの不意打ちで領主を救出される。

自身の血の痕跡からリーニエと共に二人を追跡、そこで改めてフェルンと対峙することとなり、彼女の魔力を自分よりも低いと判断して攻撃を仕掛けるも、彼女を想像を超える手数や速度に対処が追い付かなくなって焦り始め、そしてリーニエがシュタルクに倒されたことに気を取られた隙に彼女のゾルトラークを受けて敗北。
今際の際に弱いと思ったはずのフェルンが自分を圧倒できたカラクリに気づき、彼女を魔法使いの誇りを汚す卑怯者と罵りつつ引導を渡された。


魔法

  • 血を操る魔法《バルテーリエ》

自身の血液を自在に操る。鞭のようにしなやかに打ち据えたり、軌道を変えて死角から突いたり、硬化させて防御に用いたりと攻守どちらにも優れた魔法である。
魔力を込めた血液を敵の衣類等に付着させることで、居場所を探る発信機のように使うことも可能。

また脇腹を大きく抉られても(リーニエなら死亡しているダメージ)、止血と称して欠損した肉体を血液で補うことで復活するなど継戦能力も高い。
フェルンに敗北し、上半身の大部分を失う死に体となってもまだ喋れるほどにしぶとくなる。


パチンコ 1 万 円 時間

葬送のフリーレン断頭台のアウラ

パチンコ 1 万 円 時間

親記事

断頭台のアウラ だんとうだいのあうら

ヒラヤマン パチンコ

北斗の拳 4号機に投稿されたイラスト 北斗の拳 4号機でイラストを見る

北斗の拳 4号機に投稿された小説 北斗の拳 4号機で小説を見る

このタグがついた北斗の拳 4号機の作品閲覧データ 総閲覧数: 197885

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました